相続税はいくらかかるの? 【無料】計算シュミレーション

Pocket

以下フォームに必要項目をご入力ください。 入力後、「相続税を計算する」ボタンを押して下さい。下部に計算結果が表示されます。

法定相続人の数
被相続人の配偶者はいますか (必須)はいいいえ
(被相続人の) 子供はいますか (必須)
(被相続人の) 父母はいますか (必須)
(被相続人の) 兄弟姉妹はいますか (必須)
法定相続人の人数
相続財産 (※不明な場合は空白で構いません)
土地
(固定資産税評価額を入力してください)
万円
建物
(固定資産税評価額を入力してください)
万円
現金・預貯金 万円
有価証券 (株・債券・投資信託、等) 万円
死亡保険金 万円
死亡退職金 万円
債務等 万円
葬式費用 万円
財産総額 万円
配偶者の取得割合 (※不明な場合は下記の状態のまま計算を終了ください)
配偶者の取得割合 (必須) %

相続税合計 万円
※あくまでも概算額になりますので、実際の相続税額の算定とは異なる場合があります。を下記に変更してください。

【計算の前提】
・平成28年1月現在の法律を基に計算をしております。
・計算結果は納税額の目安となります。実際の納税額は、財産状況や特例適用により異なります。
・障害者控除、未成年者控除等の税額控除や2割加算は考慮できません。
相続税ご相談は
フリーダイヤルまでお気軽にどうぞ

シュミレーションの結果、相続税が発生した方へ
相続財産に不動産をお持ちの方は、税額を納めなくてよい場合があります。

土地・建物をお持ちの方は、小規模宅地の特例を用いることで税額を最小限に抑えることが可能です。適用して申告を行うことで、不動産評価額が50%もしくは最大80%に軽減されます。

ただし特例を適用するためには定められた条件を満たす必要があります。一つ間違えると適用ができない可能性が出てきます。不動産評価に強い経験豊富な税理士に依頼をして特例を適用させることが、最も効果的な節税対策になります。

きちんと相続では、不動産評価の分野に特化した相続税申告を行っております。小規模宅地の特例はもちろんのこと、お客様の状況に応じて、不動産鑑定士との連携や現地調査、最適な評価方法を行うことで、お客様の税負担を最大減少なくすることを実現します。

もちろん、配偶者の税額軽減の適用など、その他特例にも対応しております。

相続税ご相談は
フリーダイヤルまでお気軽にどうぞ